スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちびまる子ちゃん

01 21, 2010
実は、今月10日は僕の誕生日でした。22歳のゾロ目!
当日は代官山と自由が丘と溝の口を点々と移動して楽しんでました^^

途中、自由が丘のヴィレッジヴァンガードでは、衝動的にちびまる子ちゃんのコミックを購入。振り返ってみると、実家の本棚には、ちびまる子ちゃんが何冊か入ってて、小中学生の頃には暇があるとチョイチョイ読んでたのを思い出します。こち亀然り、ぼのぼの然り、なぜか3巻、6巻、24巻みたいな感じでバラバラにあるんですよね。笑
R0023285.jpg
いやはや、買った記憶がない。そもそも、男二人兄弟なので、ちびまる子ちゃんを好んで買ったはずがない。恐らく、母親がどっからか持ってきたのかな?とにかく、そんなわけで、トイレやベットに篭っては、ちびまる子ちゃんは読んでいました。

そんな記憶があるせいか、22歳になって久々に読んでみるとどこか懐かしさを感じます。当然、過去の記憶という意味で「懐かしい」というのもありますが、ストーリーとしての時代背景としての「懐かしさ」にやっぱり何かひかれるものがあるわけです。

「ALWAYS三丁目の夕日」を懐かしい(僕は生まれてないから、懐かしいと思うわけがないのだけど)と感じるのと一緒ですかね。僕が、それを懐かしく思う、それを温もりに感じるのは、「何気ない日常」にあった出来事を描写し、そこにいる人々の「喜怒哀楽」が見えるからだと思います。

「何気ない日常」というのは文字通りで、シンデレラみたいな夢物語とか、タイムスリップしましたみたいな普段有り得ないハプニングとか、そういった非日常の中で何かを描いていく作品はどうも感情移入が難しく感じます。といっても、それを否定するわけではありません。非日常のストーリーを通じて夢を感じることができるのも大事だと思います。

で、「喜怒哀楽」というのは、喜びとか楽しみだけじゃなく、もちろん、哀しみや怒りも含めます。これは好みの問題かもしれませんが、僕は喜怒哀楽の起伏が激しい、泣いて、笑える話がたぶん好きなんだと思います。トム・ハンクスが主演の「ターミナル」っていう映画が好きなのですが、あれも泣いて笑ったし。あと、クレヨンしんちゃんの映画とかも好き。笑

ということで、
ちびまる子ちゃんを久々に読んだら泣いてしまったので衝動的にエントリー。笑

あと、著者のさくらももこさんのあとがきが凄く心に染みました。この本のお話は、まるちゃんが道端で偶然出会ったお姉さんと仲良くなって、最後にはそのお姉さんが素敵な男性と結婚して遠くに離れてしまうという流れ。実は、著者自身が子供の頃、人見知りだったにも関わらず、いつの間にか仲良くなった見ず知らずのお姉さんが、いつの間にかいなくなってしまったという悲しい記憶があり、その要素を加えて書いた話なんだそうです。つまり、さくらももこさん自身の心の中の記憶の一部を、まるちゃんの世界に映し出したというわけです。

まるちゃんはまだ幼くて、「今、この瞬間」が思い出になることに気づいていない。お姉さんと出会ったことも、綺麗な絵を見せてもらったことも、水族館に行ったことも、それがそのまま思い出になることを知らずに時間が過ぎていく。そんな哀しさもある、透明な切ないトーンを物語の中で表現できれば、と描いたそうです。もっと、日常の瞬間を思い出として認識していきたいなぁと思います。まぁ、そんな悲しい一面だけじゃなくて、ヒロシがお風呂でズッコケたり、友蔵がお姉さんを見て顔を赤らたり、俳句を読んだり、結構笑えるところもあるのも素敵です。

ちびまる子ちゃん、おすすめ。このエントリーを書きながら思いましたが、世の中の様々な本や映画のストーリーって、「内」を掘り返す感情移入型の話と、「外」を魅力的に見せる夢物語型に大きく2分割できるかもしれません。そんなことを大げさに考えさせてくれたちびまる子ちゃんに感謝!

って、すごい長文になってしまった。
卒論よりスムーズに書ける自分に腹が立つ。笑

よし!
卒論、今日も頑張ろう。

p.s.
僕は大野くん派。(杉山くんは茶髪そばかすの子)
名称未設定
↓大野くん派の人は拍手を!笑

卒論リミット

01 21, 2010
あと一週間程で卒論提出〆。

R0023308.jpg

あけましておめでとうございます

01 03, 2010
2010年が始まりました。
今年もよろしくお願いします。

さて、今年の目標3つ!

1つ目は「タイムマネジメント」。今年は卒論制作や社会人スタートなど、時間厳守なシーンがありそうなので、時間を心がける年にしていきたいと思います。早めの計画、余裕のある行動、締切厳守。同時に、プライベートを充実させるためにもね。特に今月は絶対にやり遂げたいことがあるので、勇気を真摯さを持って楽しむぞ!

2つ目は「泣くこと」です。(笑)年明けには早速、はじめてのおつかいでボロボロと泣いてしまいましたが、前回のエントリーに書いたように、感化する力というか、感受性を色んな意味で高めていきたいです。や、当然ながら大笑いもしたいものですが(〃_ _)大きな感情の波をつくっていけるように!

3つ目は、「ものごとをミクロな視野で見ること」です。幅広くものごとを見ようとする姿勢を昨年は意識しすぎていて、しっかり1つ1つを見れていたのかなぁというのが反省にありました。なので、マクロとミクロ。バランスよく交互に見れるようになるといいなぁと思います。例えるなら、英語で習った「3人称」か「複数形」みたいな。笑

以上!
まずは残り少ない学生生活を楽しむべし!

R002321.jpg
実家じゃ見えない初日の出。栃木は寒いです。
R0023211.jpg
昨日は宇都宮のJINSで眼鏡を6000円で購入。6000円って!安っ!

塾バイトの仕事納め

12 31, 2009
昨日はバイトの仕事納め。

今年は、塾長が再び変わったり(これで7度目ぐらい?)、大学1年生(若い!)の新しい講師が続々と入ってきました。そして、生徒数、特に受験生の中学3年生がとても多く、来年年明けの受験に向け、授業対効果を大きく問われる年でした。

■環境をつくるには広い視野を持つこと
そんな中、僕の役割は校舎の長老として、大学4年の先輩として、後輩講師への指導と教務以外の運営部分を含めた教室の環境づくりでした。正直、「そんな偉そうにアルバイト生が動いても良いのか」という気持ちがありましたが、新塾長の強い後押しをいただいたのが心強かったです。何より、生徒のことを考えたら自主的に動くべきですしね。

こういう意識を持ってから、自分が授業している2人の生徒以外に、他講師が行っている授業を見るようになりました。環境をつくるには環境を広く見ることができなければいけないと思ったからです。こうして、生徒から見る各講師のキャラクターだったり、担当生徒以外の各生徒の状況を知ることができる。

ところで、予想外にもこれは授業自体にも良い影響を与えてくれました。教務以外のことを成そうとすることで、段々と授業を効率的に回すことができるようになったのです。100を成そうとしたら120を目標にするのが自分には丁度良いかも。


■教育には感知する力が肝心
今年の塾バイトでの教務を通して、一番実感したのはコレです。教育って、どうやった言葉でどういった表現で教えるかということよりもまず、今、生徒がどういう気持ちで授業を受けているのか(体調とかも含めて)をしっかりと見極めることが大事だと感じました。

最近、別の講師が生徒の様子を見てちょっとした気づきから重大な悩みを聞き出していた事がありました。「〇〇君の様子がおかしい。何かあったのかー?って聞いてみたら、ほにゃらららしくて。」と。こういう風にアンテナを張って、ビビッとすかさず聞き出さねば。子供ってびっくりするほど日によって変化します。

もちろん、精神的な部分だけじゃなく、授業の内容についても同じ。生徒が間違った問題に対して、解説が的外れにならないように、生徒がどのような意図で回答し、どう間違ったのかを引き出さないといけません。このような部分を感知し、そこを補てんしたり、それに合わせて言葉や表現を選んでいくことで、授業の対効果を高めることができるようです。


■生徒に興味を持つことで感知度が高まる
結局、そういう風に感知していくには、生徒に興味を持つこと、更には真剣に生徒の将来に責任を持って授業していくことを常に改めていかないと。でなければ、アンテナなんて尖らせたままにできない気がします。そういう部分に自信があるとは自らは言えませんが、「お金を持って先生と呼ばれている以上、プロの自覚を持ってください」と塾長が言うように、そんなこと言ってられないわけです。

逆に、子供というのは好奇心の塊で、僕らの変化に敏感なのでとても感心させられます。少なからず、生徒と関わることで、僕自身も変化を敏感に感じ取れるようになっているかな。先生とはいえど、本当に生徒には色んなことを学ばされます。感謝。

――――――――
色々と雑に書いてしまいましたが、当然ながらこういうことは教育という範囲に限られる話ではないと思います。幅広く環境を見る姿勢はもちろん、「生徒」を「ユーザ」に書き換えれば、横断的に様々なジャンルを問わずに、上位概念的な部分で関わってくることかなと感じます。

最後に、
このブログを読んでいる先生もいるようなので、
「お疲れ様でした」と言っておきます。笑

社会人になるまで、来年ももう少しお世話になります^^

クリスマス

12 30, 2009
今年もいよいよおしまい。

クリスマスには無事に卒論の仮提出も済みました。
年越しにかけて少しづつブラッシュアップできればと思います。

年納めのエントリーを最後にとっておいて、クリスマス前後のことでも書いておこうかと。
R0023010.jpg
クリスマス時期のみなとみらいは初!ランドマークタワーのツリーも綺麗でした。
R0023005.jpg
センター北に美味しいお店も発見。焼きたてワッフル美味しいー!
R0023200.jpg
そんなこんなで、今日はダンス部の忘年会でした。

なんと、1期生から現役の8期生(?)まで集まりました。社会人であるにも関わらず、休日に踊りに来たり、学祭に参加してくれるOBOGもいるので、本当に上から下までしっかり繋がっていて本当に仲が良い。皆、ダンスが単純に好きだっていうことと、やっぱりなんとなく居続けたくなる居心地良さを感じている。こういう環境は大事にしたいですね。

僕も社会人になってもダンス続けたい。ダイエットにもなるし^^;

最近、運動していないので明らかに体重が増えています。
新陳代謝がいいので、運動を辞めた途端にこうなんですよね。
母親に「丸くなったねー」って言われるのが何気に一番ガツンとくる。笑

――――――――

さて、明日は朝から半日働いて塾のバイト納めをしてきます。
その後は栃木に再び帰省。向こうは更に寒くなっている様子。

皆さん、帰省後に風邪を引かないように気を付けてくださいね。



p.s.
バンコクで一人旅してきた友達から、こんなTシャツをプレゼントされました。
R0023187.jpg
ナイキのスウッシュマークが見事にポキッていっちゃってます。笑
感謝感謝^^
▼ 最新記事
▼ カテゴリー
▼ プロフィール
Author:@fkj_
 
▼ アーカイブ
▼ mixi(福chan)
▼ カウントダウン

無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。