スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デジカメを買いました

08 17, 2009 | Tag,プライベート,RICOH,GX100
最近買ったデジカメ、GX100がいい感じです。
あまりに破格のお値段を見つけたので、悩んだ挙げ句に購入しました。

Caplio GX100スペシャルサイト
http://www.ricoh.co.jp/dc/caplio/gx100/special/


面白いことに1:1サイズの写真が撮れるのですが、構図をすごい考えちゃいます。
(といっても自己満レベルなので大したものは撮れないです。x_x)

R00126362.jpg
↑母が焼いた餃子。今晩の焼き上がりは最高でした。

以前から撮影好きでしたが、このカメラで焦点やシャッタースピードを自分で設定するようになってより面白く感じるようになりましたね。きっと欲しいカメラなんてキリがないので、しばらくはこのカメラを満喫します。

どっちもどっち

07 01, 2009
今夜は久々に炒め物をつくりました。
昆布・豚肉を混ぜた沖縄風チャーハン「ジューシー」です。

ジューシー(沖縄風炊き込みご飯)
http://www.misbit.com/recipe/mid001820.html


CIMG7854.jpg

豚肉がスーパーで大安売りだったので、いつもより盛っています。笑

ところで最近、夕飯を食べながらポッドキャストを聞くのが習慣になっています。実は大学で一人暮らしを始めてから意図的にTVを買わずに生活していて、くつろぐ時間にはポッドキャストを聞いたり、ダンスDVDを見たりしています。


■一方向より双方向が絶対いいのか?
最近思うのは、顧客に対して『一方向的』なTV・新聞のような既存のメディア媒体を、『双方向的』なものにしようとするWiiのような存在が増えてきているなぁということ。でも、本当に世の中の人はそれを望んでいるのでしょうか?

少なくとも、僕はポッドキャストが『一方向的』なメディアであるのが嬉しいです。なぜなら、聞きながらご飯が食べられるからです。(笑)見ながらのTVは箸が止まりますしね。他にも、通学で移動しながら聞いたりもするし、寝る前に本を読んでいて無音が寂しいから流したりもしますが。


■双方向はたまに息苦しい
『双方向的』ということは、こちらからもアクションを起こさなければならないということです。ニコニコ動画も然り。ただ、双方向的なサービスを一方向で楽しむ事もできます。僕はニコニコ動画を利用した事がありますが、僕自身がコメントを書いたことはないですし。

ただ、『双方向的』に利用する事が"できる"ということは、不思議な息苦しさを覚えます。mixiのマイミクが書いた日記にコメントを書かないといけないなぁという、あの心理も似ている気がします。


■一方向という制限
ちょっと話を変えます。中高時代、真夏の暑い日に、自分の部屋でクーラーをガンガンにつけて、ベッドに寝転がりながら、ぼーっとラジオを聞いていた頃がありました。(自分の部屋にTVがないっていう外的要因がそうさせたのかもしれません)

ラジオでMCが喋っている事は、例えば初恋で告白した男の子が振られた話、例えば近所の墓所でアレを見てしまったという怖い話。僕はそれを聞いて情景を思い浮かべたりします。きっとこの時、僕は自身の内で感じようとする、言わば「想像力」みたいなものを鍛えられていたんだと思います。

一方向だと、双方向に比べて得られる情報は限られますが、逆にそういう制限があった方が、自分の内から自発的に"何か"を引き出す練習になったりするのかもしれません。


■一方向も双方向もあればいい
だからこそ、なんでもかんでも一方向を双方向にしていこうという流れは違うのかなぁって最近考えています。確かに、双方向的な方がコミュニケーション的で物事を分かりやすく捉えることができると思いますが。

双方向的なものとして、『Web2.0』という言葉があります。そもそも"2.0"と言うように、一方向の進展として双方向があるという思考があるので、既存の1.0(TVや新聞、ラジオ)を2.0に進化させなければという行動が生まれている気がします。

そうじゃなくて、一方向も双方向もどっちも大事なんだろうと思います。

要はバランスや中庸(Moderation)ということ。

人間だって、「一人の時間も大事だよ」ってよく言いますしね。

また、「分かりやすすぎる」「シンプルすぎる」というのもどうだ?という話は、以前も紹介したように、「シンプリシティの法則」でも書かれていたり、この前の専修大学で行なわれたIG-Nightの質疑応答にも通ずる話があったように思います。


最近、ポッドキャストで色々聞くのがマイブームになっているので、好き勝手にこんなことを書いてみました。この文章を読んでいる様々な方にも是非、コメント頂きたい話題です。


p.s.
文字量もいつもより盛ってしまいました。

安田記念

06 28, 2009
そういえば、IG展(横浜祭)の日に人生で初めて競馬をやりました。

11.jpg

少し前まで、"競馬"と聞けば「おっさんが一人で楽しむギャンブル」というイメージが僕の中にはありました。しかし、小池徹平や蒼井優のCLUB KEIBAのCMによって、ガラりとそのイメージが変わったように思えます。(同時に、既存概念を払拭するCMの影響力に驚き。)

さて、肝心の馬選び。
馬単とか3連単とかの賭け方の仕組みを友人から学んだ上で、競馬新聞を読み、過去の戦歴等の情報を見比べながら「ビギナーズラックだ!」と適当に決めていきました。結局、いろんな情報が順繰り巡りしてしまうので、「この馬の名前が強そう!」というように、感覚で決めるしかないですね^^;

競馬を教えてくれた友人は、競馬経験を重ねているようですが、何を基準に選んでいるのかと話を聞いてみると「騎手の生き様が好き。だから毎回コイツに賭けてる!」っていうのがあるようです。それは明らかにビギナーズラック的な"投げやり"とは異なり、「信頼」みたいなものがあるんだと思います。

結局、最後に人を動かすのは、(特に物語からの)「信頼感」なんだろうと最近思うことが多いです。何か製品をつくったとしても、それに対してどれだけ真摯な姿勢を持ってきていたか。勘違いしてはいけないのは、"真摯さ"とは自身が信頼を獲得するという、

「略奪」を達成するための"真摯さ"

ではなくて、ユーザを想ってデザインしていく、

「贈与」を達成するための"真摯さ"


ということ。

余談ですが、当日に僕は1000円分の馬券を当日買っていました。レースの結果、馬の鼻の差だった3-4位が逆転していれば、この馬券がなんと・・・3万円の価値になっていたそうです!

現実は厳しいですね。

IG展の裏で...

06 09, 2009
IG展を終えてのエントリーに続き。

ところで、学園祭と併行して行なわれたIG展。僕はダンス部のイベントに出ていました。自分のチームは、なんとか無事パフォーマンスすることができて一安心。最後には世界レベルのダンサーさんが4人も来て下さって、会場はとんでもない大盛り上がりでした。(Gacktのバックダンサーとか、スゴい!)

CIMG6875.jpg
↑こっちはこっちで満員御礼。
CIMG6892.jpg
↑帰りの夕方時の学祭の風景。
CIMG6901.jpg
↑打ち上げはセン北の『亀の甲』。
CIMG6923.jpg
↑水炊きや串焼きがとても美味しかったです。

ちなみに打ち上げの『亀の甲』は友人がバイトしているお店なんですが、本当に美味しかったので参考URLも紹介しておきます。機会があればどうぞ。セン北は意外と落ち着いた雰囲気の居酒屋が多いですよ。

亀の甲
http://r.tabelog.com/kanagawa/A1402/A140203/14009373/


去年のGW家族旅行

05 01, 2009
栃木の実家に帰って参りました。

毎年GWは家族でどこかに出かけるのですが、今年は高速道路混んでるし、インフルエンザ怖いし、という話になって、実家でマッタリすることになりました。(笑)久々の母の手料理に満足しながら、読書のGWを満喫中であります。

ちなみに、去年は家族で東北地方を旅しました。
せっかくなので、去年の旅行を報告したいと思います。


■弘前城と弘前公園
12762507_2148058314.jpg
↑今年はGWに綺麗に咲いてますが、去年は散り掛けだったんですよ。
TS3D0245.jpg
↑弘前城に隣接する公園には、日本一幹の太いソメイヨシノが!
TS3D0249.jpg
↑更に、日本一古いソメイヨシノも。ドンッと貫禄がありました。


■岩木山と岩木山神社
TS3D0239.jpg
↑高速道路から見える岩木山。高さはないけど、広大さを感じます。
TS3D0256.jpg
↑岩木山神社。赤門おっきいー!
799524299_175.jpg
↑神社の前で食べた屋台のリンゴシャーベットアイスは美味でした!


■千畳敷
TS3D0263.jpg
↑山から海へ。
12762507_1303655633.jpg
↑なんだこれは!これが千畳敷。自然物とは思えない景色でした。
TS3D0259.jpg
↑海鮮丼が美味しいどん。


■お寺巡り
TS3D0290.jpg
↑再び、海から山へ。弁慶のお墓がある中尊寺です。
TS3D0291.jpg
↑抹茶が美味しかったんです。


■他に食べたもの
TS3D0240.jpg
↑アジだっけかな?ICで食べた塩焼き。
TS3D0275.jpg
↑秋田きりたんぽ。うーん、やっぱり旨い。
TS3D0269.jpg
↑海とホタテと僕の母。
TS3D0279.jpg
↑本格的な石焼の前沢牛!ヨダレ垂らしていたのを覚えています。


あらためて振り返ってみるとグルメ旅行でした。笑
今年のGWは皆さんも是非、東北へ!

もしも栃木に来るのでしたら、

・宇都宮餃子「みんみん」の揚げ餃子
・バカうまラーメン「花の季」のチェンピン

がオススメです。
▼ 最新記事
▼ カテゴリー
▼ プロフィール
Author:@fkj_
 
▼ アーカイブ
▼ mixi(福chan)
▼ カウントダウン

無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。