スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブレインストーミングWS

06 22, 2009 | Tag,情報デザイン
最近、ダンス部イベントがあったりで多忙でしたが落ち着きました。
久々にブログを書きます。

CIMG7120.jpg

今週末のCBPに向け、3年生向けてブレインストーミングのワークショップ(WS)を行ないました。僕自身、今までブレストの手法・技法を具体的に学んだという機会がなく、今回はネットや本で調べながら試行錯誤して指導をしたので、自身にとっても学びの多いWSになりました。自己流だけど、学生同士で話し合いながら学び合うというのも大事ですね。

ということで、WSを流れで振り返り。


■連想ゲーム
最初に連想ゲームを5分間やりました。ちなみに「バナナ→黄色」といったような"色"の連想を禁止にしました。色の連想は簡単だし、できるだけモノからモノへ連想した方が良さそうです。5分間に10人で5周回りました。目標は10周!

連想ゲームをすることによって、以下のような効果が生まれてきたのかなぁと感じます。

(1)頭を柔らかくする
「バナナ→三日月」といった連想に慣れ、とっぴなアイデアを出しやすくします。

(2)発言の練習になる
恥ずかしがり屋な人もゲームを通して声出しの練習になります。

(3)リラックスした環境づくり
ゲームの前に、僕が全体の説明やらをしていた為、若干静まった雰囲気でしたが、ゲームを通して笑いのある環境を形成することが出来ました。リラックスした環境の方がとっぴなアイデアは引き出しやすいですよね。

CIMG7062.jpg
↑連想ゲームでリラックスできた様子。


■ルールを設ける
ゲームを終えると、早速ブレスト開始。事前にブレストのルールを皆が見える所に貼り出しておきました。ルールやテーマは可視化することで意識しやすくなります。

【批判しない】
これは一番大事なルールだと思います。ブレストに限らずですが、消極的に他人の意見を否定していては、グループワークは円滑に進みません。「発言の自粛→全体のトーンダウン」の無限ループにならないように、まずは肯定的に他人の意見を聞き入れること。

そして、自分自身も「誰も否定しないからこんなアイデアも言ってみよう!」と積極的に発言していくことが大事ですね。

【質より量】
量がなくては始まりません。小さな工夫として、ブレストを始める前に「目標はアイデア30個」といったように、具体的な数値を目標にしてみました。「あと5個出そう!」といったように、常に数を気にすることができました。タイマーでブレストの時間を制限するのも有効でしたね。

【とっぴなアイデア歓迎】
例えば、"ポストイットをガムくず入れに応用する"といった発想も、とっぴなアイデアだったと思います。他ジャンルからテーマに繋がる話をいかに持ってくるか。それがブレストの1つの評価軸のようです。

【他者の発言に便乗する】
アイデアを単発に出していくだけではなく、アイデアの掘り下げもやはり大事です。その為に、どんどん他者の気になった発言には便乗していきましょう。

CIMG7073.jpg
↑4つのルールを貼ることで可視化。


■What/Howの2種類ブレスト
ブレストはWhatとHowの2工程に分けるとやりやすいという話もあり、今回は2種類に分けてやってみました。「具体的に何が問題なのか?」を考える上でWhatはかなり効きました。願わくば、Whyも追加して3工程で考えてもよかったかもしれません。ブレストと言えるのか分からないけど。。。


(後は写真で振り返り)

CIMG7074.jpg
↑ファシリテーターを立てて進行を円滑に。
CIMG7091.jpg
↑書記はポストイットを黙々と書いて貼り付ける。
CIMG7109.jpg
↑別の模造紙で情報を分類して整理する様子。
CIMG7123.jpg
↑2度目のブレストではポストイットの色も考慮。
CIMG7159.jpg
↑その後の誕生日会。おめでとー!
CIMG7214.jpg
↑最後は一本締め。3年生おつかれ!

このエントリーを読んでいる方々にも、ブレストのコツなどを教えていただけると光栄です。
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
▼ 最新記事
▼ カテゴリー
▼ プロフィール
Author:@fkj_
 
▼ アーカイブ
▼ mixi(福chan)
▼ カウントダウン

無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。