スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エジソン

05 22, 2009 | Tag,コミュニティバス
cbp001.jpg
CBP(コミュニティバスプロジェクト)って何?

先日はCBP活動でした。
幹事と市役所の方との話し合い。大きな内容は2点。


■今後のスケジュールについて
現在の住民団体「ミニバスを走らせる会」は、業者・行政と三者恊働していくために、「あたごミニバス運行委員会(略:運行委)」として公式な組織へと移行する段階にあります。円滑に進めるために、今後のスケジュールを話し合っていました。メモ書きで省略っ。

・秋期には、運行委とバス業者を固めましょう
・来年の春にはできてる状態へ
・予算の見積もりも同時に進めて行かないとね
・ワンコインのバスは厳しそうだ
・そもそも予算はどこから?(有志も自治会も無理)
・まちづくり活動団体への給金制度を利用するのがベター?
・来年かえで館設立10周年、イベントを結びつけよう
・連協/運協をどう組んでいこうか?



■運行委の組織設定

・組織図の提案、3役(委員長、副委員長、事務局長)と常任委員
・常任委員の役割分担決め
・委員の選挙/解任の制度決め(議決権は一人一票?一自治会一票?)
・委員人数の上限がいる?

とくに、常任委員として以下の4つの部(各部2名)を立ち上げていく予定。

・運行促進部:乗車率を上げるPR活動
・運行事業部:副収入を得るための活動、永山商店街との協力
・維持管理部:バス停と運行ルートの維持管理
・財務会計部:委員会の収入と支出の管理


維持管理部の活動の一環として、「バスに乗ってもらう係」をつくろうという妙案が面白かった。バス業者に頼まずに乗車数を把握できるし、意見なんかも集約できるし、、、そのままどこかで買い物してくれれば一石二鳥。

CIMG6291.jpg
↑いつもながら、活発な話し合い。お疲れ様でした。


■余談:
その後、Sさんに夕飯をごちそうさせてもらいました^^;

モノの伝統についての話が盛り上がり、先日のデザインエンジニアの「電球→LED」の話をしたら、「そもそも電球の歴史はー・・・」と、白熱電球の発明をしたエジソンの話をしていただきました。エジソンが白熱電球の実用化をつくる際に「炭素棒」を用いたわけですが、そこでクイズ。

「炭素棒をつくるために、エジソンは"何"を炭にさせたでしょう?」

はい、答えを言います。その答えはなんと、"京都の竹"なんだそうです。世界中の木々を燃やしながら、一番良い竹を見つける事ができたわけです。そんな話を聞きながら、「1%のひらめきと99%の努力」というエジソンの言葉を思い出しました。

また、所変わって、日本初のノーベル物理学を受賞した湯川秀樹さんの話もありました。彼は、子どもの頃に中国の書物を音読していたそうです。当然、意味など分かるわけもなく読んでいたんだそうですが、彼の自伝には↓のように記してあります。「学びとは真似び」にも精通する話だし、行動して経験を増やしていく事の大切さを改めて感じます。

私はこのころの漢籍の素読を決してむだだったとは思わない。…意味もわからずに入っていった漢籍が大きな収穫をもたらしている。その後大人の書物をよみ出す時に文字に対する抵抗は全くなかった。漢字に慣れていたからであろう。慣れるということは恐ろしいことだ。ただ祖父の声につれて復唱するだけで、知らずしらず漢字に親しみその後の読書を容易にしてくれたのは事実である。

↑Wikipediaより
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
▼ 最新記事
▼ カテゴリー
▼ プロフィール
Author:@fkj_
 
▼ アーカイブ
▼ mixi(福chan)
▼ カウントダウン

無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。