スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遅く、広く。

04 30, 2009 | Tag,情報デザイン
先日のバスプロジェクト後のお話。小池先生と、バスでお世話になっているSさんと共に、聖蹟桜ヶ丘で行なわれた社会起業家の講演に行きました。講演者の藤岡さんは社会起業家として、フェアトレード(公正取引)のを活かしてスローウォーターカフェなどの運営をしています。

経営されているスローウォーターカフェ
http://www.slowwatercafe.com/

ナマケモノ倶楽部でのご紹介
http://www.sloth.gr.jp/relation/riji/riji_ami.html


CIMG5805.jpg
↑講演の前になか卯で腹ごしらえ。ごちそう様です!


■社会起業家って何だ?
社会起業家は、利益ビジネスでもボランティアでもありません。お金をちゃんと貰いながら「社会を良い方向に変えていくこと」を目的としています。僕はボーイスカウトに所属していたので、ボランティアのゴミ拾いや募金活動をやっていた記憶もありますが、当然ながら無償です。これを仕事として継続していくために、生きていくために、やっぱりお金は必要です。イメージはNPOに近いと思います。(実際はもっとビジネス寄り)


■社会起業家の取り組みは、人間の原点。
講演していただいた藤岡さんは、"人間の原点に帰って考えること"をとても大切にしていました。それは社会起業家の考え方、更には自然環境との付き合い方にも関わる考え方でした。

「社会起業家は特別なことではない」と藤岡さんは言っていました。原点に帰ると、会社は他の人を助けるために動いていたはず。しかし、いつの間にか利潤に走ってしまっていたのが問題であると。


■先進国と途上国をフェアトレードに
チョコが100円でコンビニに売られている日本。でも、本当に100円程の価値なのでしょうか。カカオの種子を発酵し、焙煎し、、、気が遠くなるプロセスを通して、チョコレートはつくられます。先進国と途上国の貿易において、先進国は安く安く買い取りを続け、Win-Loseの関係の元で貿易を進めていることが安易に想像できるはずです。

そこで藤岡さんは、途上国の貧困者が生活するのに充分なだけの利益を見越しながら、Win-Winのフェアトレードを目指します。「フェアトレードも特別なことではない」と藤岡さんは言っていました。お互いが納得するように、魚と小麦の物資交換をしていた時代もあったわけですからね。こういう話を聞くと、人間は進化どころか退化しているんじゃないかとさえ思えてきます。


■遅く動き、広く見る
ナマケモノという動物はご存知の通り、ノロノロとした生き物です。カロリー消費が少ないから、食べる量も少ないという。週に1回、木から降りて排便・排尿を行なうそうですが、土の中に自らフンを埋め、なんと、肥料にしているんだそうです。なんとも地球に優しい循環型の動物なんですね。ナマケモノから人間が学ぶべきことはスローライフ。そして視野を広くし、以下の2つのつながりの関係を形成します。

・人と人のつながり
ここでいう人と人というのは、身近な人間関係はもちろんですが、世界枠にまで視野を広げ、途上国の方々とのつながりも考えます。例えば、藤岡さんはチョコレートの販売にあたって、機械で済むことを人の手間に戻すことで、途上国の方々に包装などの仕事を提供しているんだそうです。

・人と自然のつながり
機械で済むことを人の手間に戻すことで、自然とのつながりを大切にします。元々、人間は自然の中で生きてきた、ということをもっと体感し、実感しないといけないことを藤岡さんは説いていました。


■狭義の「人のため」
質疑応答の時間には、藤岡さんに対して一般の経営者から厳しい意見を多くいただきました。その中でも特に印象的だった意見は、

「人のためを思っているから会社は商品を安くしているんだよ」

という経営者の言葉。しかし、その「人」とはあくまで先進国の顧客やエンドユーザが対象。途上国の貧しい人々や人以外の自然までをも含めてはいません。やはり、社会起業家と一般経営者でまだまだ厚い壁があるんだなぁと感じました。

情報デザインでも「人のため、人間中心設計」という言葉が飛び交っています。今回の話を聞いて、情報デザインも「世界中の人のため」「自然のため」といったように視野を広げなければいけないのかもしれません。

継続的な社会形成のために。
-2 Comments
By 赤メガネ(仮)05 01, 2009 - URL [ edit ]

結構いろんなイベントとかに行ってるんだね。

社会企業家の台頭や世界的な金融危機から感じるのは、モラルを資本主義(市場)に組み込めるか、ということ。
結構難しい問いだけど、そういった取り組み(フェアトレード)が結果を出せれば、市場にモラルを組み込めるってことなのかと考えています。

経済学や行動経済学につながっていくと思っているけど、収拾の付け方がわからん。
ただ、市場原理主義には限界があり、法律とかで市場を限定させれば、安定的に世界は発展していけるのかなーと。
なんとなく、思いつきを書いてみました。

By ふく05 01, 2009 - URL [ edit ]

そうでもないです^^;

実際に講演していただいた藤岡さんとその団体の方々は、一般水準のお給料と仕事量で運営できているそうですよ。ただ、そうなるまでは決して楽ではなかったし、未だ災害等へのリスク責任のための貯蓄金は余裕がないようなので、安定した仕事と言えないのは事実だと言ってましたね。でも、仕事へのやりがいを本人達が感じていたのがとても伝わりました。市場原理や法律と言ったシステム面ももちろん大事だけど、

・グローバルに世界中の人間や自然を見通す姿勢
・お金といった量的な利益以上に、やりがいという質的な利益を求めること

こういった人間の意識改革みたいなことが一番の必要なのかもしれないと感じましたね。

にしても、赤めがねこそ勉強してるねぇ・・・
僕も頑張らねば!

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
▼ 最新記事
▼ カテゴリー
▼ プロフィール
Author:@fkj_
 
▼ アーカイブ
▼ mixi(福chan)
▼ カウントダウン

無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。