スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UIデザイン チャレンジ講座(1)

04 06, 2009 | Tag,情報デザイン
(1)(2)(3)

よっしゃー、エントリー。

2009年4月2日,3日の2日間行なわれたUIデザインチャレンジ講座。
CIMG1784.jpg

UCD(ユーザ中心設計)の基礎知識の講座を受け、実際にグループワークでシナリオやペーパープロトタイプ等を実践し、講座内容のポートフォリオを創って就活に活かしましょう!ということで、「講座→実践→フィードバック」の豪華3点セットなイベントだったわけです。

■UCD
やはり講座の序盤は、よく見かける人間中心設計サークルのお話です。実際に会社での事例等を挙げながら解説していたので分かりやすかったです。そして、簡単にまとめたくなってしまう自分がいます。うん、こういうことですね。笑
CIMG5589.jpg
若干の語弊はあるかもだけど、こういうプロセスをグルグルまわすことの大切さは再認識しました。


■効率性と有効性
敢えて番外的に講座の中で頭に残ったお話。
CIMG55821.jpg

UIの使い勝手を数直線で考えると、

Big Usability
=0からプラスに増加=感動や満足を与えること

Small Usability
=マイナスから0に増加=使いにくさを取り除くこと

また、この話は前回のデザインフォーラムで感じた、デザイナーとエンジニアのギャップに繋がるのかなと感じます。効率性を起源とするのがデザイナーで、有効性を起源とするのがエンジニア、発明家といったところでしょうか。今の時代、マイナスをプラスに変えることが求められているんですね。なぜか、理科の化学反応で学んだ昇華を思い出します。固体から液体を跳ばして一気に気体ってありましたよね。うん、昇華しなければ。笑
-4 Comments
By 赤メガネ(仮)04 06, 2009 - URL [ edit ]

ユーザビリティの定義についてたぶん誤解していると思われるので、ちょっと突っ込みを。
詳しくはISO 9241-11やユーザビリティについてググってください。
"有効性"っていうのは、タスクを正確に実行できるかどうかできまる概念だから、ユーザビリティでは一番下に位置するわけです。
タスクを実行できなければ、効率も満足度も意味ないからね。
タスクを実行できれば、次に大事になるのは"効率"です。たぶんこれはわかるでしょう。
最後に大事になるのが、"満足度"なわけです。
そして、この"満足度"がbig usabilityにつながります。
これでわかってもらえたかな?
もっと説明が欲しければメールくだしあ

By ふく04 06, 2009 - URL [ edit ]

なるほど。
相当な勘違いでしたね。
勉強になります。

ってか、周りに誤解させかねないのでこの記事削っておこうかな^^;

By 赤メガネ(仮)04 08, 2009 - URL [ edit ]

打ち消しタグが使えないのかよ!!
こんな感じに直せばいいと思うよ、って投稿したのに!!
間違った箇所の直後とかに、[追記]みたいな感じで書くか、[訂正]とか書けば、間違ったところも残るしいいと思うよ。
間違った箇所を消しちゃうとプロセスも消えちゃうから個人的にはもったいないと思う。

By ふく04 08, 2009 - URL [ edit ]

度々コメントありがとう。
確かに追記って書き方があったね。この過程は個人としてはノートに記録してあるので、しっかり留めておきます。

今回は他人の誤解を気にしすぎたところもあったので…注意しときます。

ありがとう!

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
▼ 最新記事
▼ カテゴリー
▼ プロフィール
Author:@fkj_
 
▼ アーカイブ
▼ mixi(福chan)
▼ カウントダウン

無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。