スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「見る」ではなく「みる」

03 30, 2009
1人でも多くの人に行ってもらいたい。

これは面白かったです。

top2.gif

ダイアログ・イン・ザ・ダーク
http://www.dialoginthedark.com/


暗闇100%の中に、何人かとグループを組んで入り、アテンド(視覚障害者)のサポートのもとで、杖をついて歩き、森を感じ、水の音を聴き、様々なシーンを体験します。

■「見る」のではなく、感覚でモノを「みる」。
暗闇なのに、視覚以外の聴覚、嗅覚、触覚、味覚を使って、そこに具体的なモノをそこに感じることができます。むしろ、視覚的にものを「見る」ことができないことで、そのモノの形や触り心地、匂いなどを積極的に感じて、そのモノの感覚を「みる」ことができます。

CIMG5398.jpg


■コミュニケーションを促す
あと、こういう環境は他にも様々なものを生み出します。安全の考慮もありますが、「○○、しゃがみます!」というように声かけ合ったり、何かに触ってもらおうと手引きしたりすることで、お互いを気遣う自然なコミュニケーションを促していました。普段もの静かな人もはしゃいでいましたね。笑


まだまだ、第1期は6月下旬までやるそうです。
神宮近くなので、都心に行く人は是非ご予約を!
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
▼ 最新記事
▼ カテゴリー
▼ プロフィール
Author:@fkj_
 
▼ アーカイブ
▼ mixi(福chan)
▼ カウントダウン

無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。