スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【第2回】情報デザインフォーラム(1)

11 16, 2008 | Tag,情報デザインフォーラム
第2回情報デザインフォーラムが行なわれました。

最初に、お二方のご講演を聞かせて頂きました。
・京都工芸繊維大学の櫛先生
・富士ゼロックスの蓮池さん

色々と奥深そうな話でしたね。

今回、心に残った話を自分なりの解釈でピックアップ。


■フレーミングとリフレーミング

CIMG2688.jpg

最初はフィールド上の人やものを観察。

そしてある対象に着目し、発見をします。

ここで、フレーミングです。
発見に関わる情報を収集し、分類。
この作業が、コンテンツを見極めることになります。
例えばKJ法ですね。

そして、リフレーミングです。
分類されたコンテンツの繋がり(コンテクスト)を、
組み合わせて、ある意味の定義に当てはめます。
= フォルム

・フォルムの形
・コンテンツの組み合わせ方
・フォルムの視点
これらはテトリスパズルのように人によって異なります。


■デザインプロセス -潜り込み-

CIMG2696.jpg

最初にフィールドを探索して対象に着目し、
発見するというのは、まだ表面的な話。

そこから、
フレーミング・リフレーミングを含めた
プロセスを進んで潜在的なものになっていく。

その後、
プロトタイプを何度も繰り返して
デザインをアウトプットし、再び水面下へ。

このイメージができたのは、
今回の講演のなかでの大きな収穫でした。
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
▼ 最新記事
▼ カテゴリー
▼ プロフィール
Author:@fkj_
 
▼ アーカイブ
▼ mixi(福chan)
▼ カウントダウン

無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。