スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Let's Squeak!!

10 22, 2008 | Tag,情報デザイン
先日、当大学で行なわれた、

【Squeakデザインワークショップ】

に参加してきました。(というか、お手伝い?)

■Squeakとは
分かりやすい「プログラミング言語」と「GUI」を兼ね備えた、
Squeak eToys(以降、Squeak)ソフト。
作図能力に長けており、回転角度と進行距離の数値を入力し、
作図を行なうことができたりします。

■Squeakの意義
Squeakは、作図したものを通じ、
そのものの”構成”を考えることで、
制作者の思考能力を高めることができます。

「Learning learning」

という言葉が講義の中でありました。
直訳すると、「学ぶことを学ぶ」。

本当の"教育"とは・・・
"自発的"に、
何かを"発見"し、
そのものの"意味"を考え、
それを通して、
"思考"する力を養うこと。

それを手助けするのがSqueakなんですね。

■1.虫が道をたどる
今回のワークショップでは2つ、制作しました。
最初に、イラストで描いた虫を道に沿って移動させるというもの。

CIMG2188.jpg

CIMG2184.jpg

↑我ながら、絵心のなさに感心します。(爆)

まず、虫が直進するように移動距離の数値を入力。
そして、右目と左目の各色が道の色に重ならない場合、
5度ずつ、虫の内側に回転するように回転角度を設定。
この仕組みで、虫は道をたどって移動します。

しかし、
たまに虫が道を脱線します。

それは、
道のカーブに際し、5度の回転が間に合わないときです。
右目と左目がそれぞれ5度ずつ内側に回転しようとするので、
回転角度±0で打ち消し合い、直進してしまうのです。

このように、
Errorの原因を実際の授業では生徒に考えてもらえれば。
それが生徒の思考能力を高めることに繋がるのでしょう。

■2.ブロックくずし
こちらは難しかったですね。
CIMG2190.jpg

元あったプロトタイプをいじって制作したものなので、
中身は細かく分かりませんでしたが、
参加者それぞれで工夫されたブロックくずしが制作されていました。

「工夫する」というのは、ほとんどが自発的な行為。
ゲーム感覚で、楽しみながら工夫を凝らし、試行錯誤する。

これがやはり、思考能力を高めることに繋がるのでしょう。

■教育とは
その後の懇親会も通して、今回のワークショップでは

「教育」ってなんだろう。

それを深く考えることができました。

講義のKYさん
参加者の皆さん
ありがとうございます。

■Squeakの研究プロジェクト
当研究室では、実際にSqueakを活用して、
学校の情報教育をデザインするといったプロジェクトがあります。

僕にとってこのワークショップは、
そのプロジェクトに入るかどうかを見定めるために参加したのですが、
なかなか面白そうです。

本命は"バスプロジェクト"ですけどね。
そのプロジェクトによる明日の集まりも楽しみです。

ーーーーーーーー

長文御免。

それでは。


-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
▼ 最新記事
▼ カテゴリー
▼ プロフィール
Author:@fkj_
 
▼ アーカイブ
▼ mixi(福chan)
▼ カウントダウン

無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。