スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒論発表、終了。

02 13, 2010
朝9時からトップバッターの発表でした。
正直、内容を詰め込みすぎたのは反省です。笑

いっぱいプレゼン練習したこともあって、抑揚をつけた発表ができたのは良かったと思う。内容云々より、小池研究室で行なう研究の本質である、フィールドの変容を捉えていくニュアンスと、そこに関心を見いだしてもらうのが、今回の発表の個人的な目標。10数個の発表の中で「トップ3には入ってたよ」ってコメントがいただけただけで、良かったかなと。

今後は、ありのままのプロセスの記述を深くし、そこにあった変容の"前後"を強調していきたいと思います。特に変容の前の主張って大事だということを今回は痛感しました!思ったことを形にするのは本当に難しい。けど、面白い。

R00237391.jpg

今回の発表会は、今までに絡みの少ない2つの他研究室と合同で行ないました。他研究室の発表も色々と考えさせられるものがあって、非常に興味がありました。一見すると何の関係性もない研究でも、どこか自分の学んでいたことと繋がっている。質疑応答でバンバン質問してしまう程、自分の知らなかった、外の外の関心を抱けるようになったのが、研究室で得たひとつの感覚かもしれないです。

R00237622.jpg

その後、ゼミ室のメンバーで互いの研究を振り返りながら、ホワイトボードやノートに絵や図を描き、発狂したり、腹抱えて笑いながら、熱心に話し合いました。(2、3時間は喋ってたんじゃ・・・)最終的に、研究内容から自分たちの普段の生活を振り返ることができたのが本当に本当に面白かった。その後、中川のもんじゃ屋さんで、引き続きの語り合いは続きました。(笑)

R00237652.jpg

飲み会を終えた後、ゼミの誰かさんがこんなメールをゼミ生に回してくれました。

―――
飲み会ってブレストに似てると思うんですよ。
ようは否定で終わらず、ざっくばらんにどんどんアイディアが出てくるから。
結局愚痴っていうものも消化されるんですよね。

てゆーことで今度誰か僕と飲みませんか。

なーんちゃって。
―――

ゼミ生らには、楽しい思い出ばかりじゃなく、呆れたり、泣かされたりしたこともあって、正直、ゼミ生の人間関係には悩まされた時期もあったけど、何度も何度もオセロのコマを白から黒に返されながら、最後には白に返ることができそうです。まだまだ、卒業展示会まで休む暇ないけど、面白おかしく、楽しくできればいいな。

「正しさ」を求めていたけど、正しいことがあるとは限らない。
「楽しさ」を求め、変えていくことが、豊かなアプローチだと僕は思います。
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
▼ 最新記事
▼ カテゴリー
▼ プロフィール
Author:@fkj_
 
▼ アーカイブ
▼ mixi(福chan)
▼ カウントダウン

無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。