スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミニバスを走らせる会 vol.17

11 30, 2009
cbp001.jpg
>>コミュニティバスプロジェクトって何?

ということで先日は、17回目の評議員会。
今回は評議員らで2月公聴会の企画ブレインストーミングを行いました。
(公聴会:ミニバスの活動を住民に広く伝える場。)

R0022511.jpg
↑かえでの紅葉が凄い綺麗でした。

■大学側から誘発した環境とツール
そもそも、最初の住民ブレストは今年6月に幹事さんの案で行われました。これは大学からの提案ではなく。関わっている小池研究室でこういう手法を使っているというのをキッカケに幹事の方が自らインターネットで調べて、「実際にミニバスを走らせる会でやってみたら面白いかもなぁ。」というのが始まりでした。

そこで、模造紙やポストイットの使い方やルール、そして、ファシリテータ等のあくまで補足的な部分を研究室にお願いしたい、ということでした。このブレストは、情報デザインに携わる研究室との関係があってこそ実践できたものだと考えられます。


■一方向から双方向の場へ
去年の公聴会では、会の幹事役3人が主に企画を決めていて、活動報告を主にした一方向的なイベントだったという印象がありました。それが悪いという訳ではなく、当時はバスの活動の軌跡を知ってもらうことが1つの大きな目的だったからというのもあっただろうけど。

今年は、地域住民らから意見を引き出しながら、実際にバスに乗ってもらうためのトリガーとして公聴会を行おうとしています。そして、そのようなイベント案を、幹事だけでなく多くの評議員らから引き出す。つまり、公聴会当日における"会と地域"、企画段階における"幹事と評議員"。この2つの意味で双方向な環境が見えてきています。


■情報共有から創造へ
たった今、一方向から双方向と言いましたが。少し視点を変えれば、幹事らが喋って少しの質疑応答の時間で終わっていた"情報共有"を主としていた評議員会が、段々と評議員を立てた"創造的"な場に変化したと見ることも出来ます。

ブレストが始まったばかりの時間は発言も少なかったですが、途中から吹っ切れたように、雑談混じりで色んなアイデアを評議員らが出していました。地域に関する雑談混じりのこの雰囲気が大事そうです。「そんなのアリ?」というアイデアもありましたが、その中で現実味を帯びた企画を見いだすことが出来る。


■創造のプロセスを皆で行うことが大事
といっても、そのアイデアの良し悪しはさておき、会全体で話し合うというこの環境そのものが会の組織の確立及び自立に繋がっていくと思います。住民組織、行政、バス業者の三者恊働を確立していくために、住民組織として自らを自立させていく。そのためにも会則といった外枠だけでなく、評議員らの結束、広く言えば"住民力"といった中身が問われてきます。(市役所のHさんも言ってたけど)

R0022369.jpg
R0022521.jpg
かえで綺麗だった!綺麗に葉先が3つに分かれてます。

秋も終わって、もう師走かー。
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
▼ 最新記事
▼ カテゴリー
▼ プロフィール
Author:@fkj_
 
▼ アーカイブ
▼ mixi(福chan)
▼ カウントダウン

無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。