スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住民が動く

10 15, 2009 | Tag,コミュニティバス
cbp001.jpg
CBP(コミュニティバスプロジェクト)って何?

先日は、多摩市愛宕地区の地域コミュニティセンター「かえで館」の地域イベントに参加し、ミニバスを走らせる会の活動展示を行ないました。今回、研究室で用意したものは活動の軌跡やバス路線を紹介するパネル、バスの活動を各家庭・各自治体に広めていくためのティッシュ、そして昨年好評だった立体地図の再び持っていきました。

■デザイナーはキッカケを与える
今回の展示活動で着目したのは「ミニバスを走らせる会」の参加住民による展示運営の自主的な姿勢。大学と合間でそういった住民の姿勢がなければ、持続的に「ミニバスを走らせる会」を運営する事は出来ません。その為に住民が大学に何でもかんでも寄りかかるという訳ではなく、段々と自律していくことが求められます。いつまでも大学が関わっているという保証もないですし^^;

R0020789.jpg
↑近くの小学校で作ったもの。高齢者に限らず、地域に密着した施設であることが窺えます。

R0020722.jpg
R00206243.jpg
↑ティッシュは主に3年生が動いてくれました。背面は路線図になってます。

振り返れば、去年は立体地図や公聴会のポスター提案といったコンサル的な部分は、どちらかというと大学側がやっていたという印象がありましたが、今年は住民によるブレスト作業の提案や今回の展示に向けて「大学の研究発表の場ではないんです。」という言動から、住民の自主的な姿勢を非常に感じとりやすくなりました。あくまで、デザイナー(この場合は大学)はキッカケ(パネルやティッシュや立体地図)を与え、そこから動くべきは地域住民なんですよね。

R0020939.jpg
↑お祭りってことで焼き鳥やラーメンを食べました。こういうとこの出店は旨い。笑

R0020993.jpg
↑帰りはkid研OBOGと三茶の居酒屋でご飯。ご馳走さまでした^^

p.s.
個人的なメモ。
・ティッシュはミニバスの意義を変えながら広める道具。
・高齢者の方は本当に大きな文字じゃないと読めない。
・新聞と同じで、長文は意外と歓迎される。
・お祭りで色々やっている中で統一感を出すために基色に気を配った。
・パネルはスタッフの住民がプレゼンしやすい形に。
・永山駅に懐かしさを感じる高齢者が多い。
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
▼ 最新記事
▼ カテゴリー
▼ プロフィール
Author:@fkj_
 
▼ アーカイブ
▼ mixi(福chan)
▼ カウントダウン

無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。