スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インタフェースデザイン演習(1)

10 06, 2009 | Tag,情報デザイン
去年同様、今年も小池先生の授業アシスタントを行なう事になりました。

[2年後期]インタフェースデザイン演習
木曜2限(人数制限により3限も別で行なうことになった)

参考としてシラバスに書かれている事。

IT社会の現代において、私たちは、携帯電話、PCなどの情報機器を使用し、インターネットなどを通じて複雑な情報を読み取る生活をしている。同時にこのような情報機器を使いやすくデザインし、情報をわかりやすくデザインする必要がある。この授業では、デジタル機器のハードウェア、ソフトウェアのデザインを通して、人間と機器をつなぐインタフェースのデザインを学ぶ。


去年まではデジタルカメラのインタフェースに絞っていたのですが、昨今の"うつす活動"の変化から、ビデオやフォトフレーム等のインタフェースも含め、幅広く展開ができるようになりました。

まずはランダムなグループに分かれ、恒例の既存調査。持参してきた店頭のパンフレットを持ち寄り、"うつす活動"に使われている製品をマトリクス図を使ってマッピングしていきます。

マトリクス図をつくることを「目的」としないように。
調査から何が分かったのか、述べたいのかを明らかにしてもらいたいところです。

次回の発表が楽しみだ。

p.s.
今年の学生は部活の身内が多すぎる。笑
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
▼ 最新記事
▼ カテゴリー
▼ プロフィール
Author:@fkj_
 
▼ アーカイブ
▼ mixi(福chan)
▼ カウントダウン

無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。