スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

inp-act(2)

09 28, 2009 | Tag,情報デザイン
(1)(2)(3)(4)

2日目は公立はこだて未来大学にて、第3回日本デザイン学会第1支部大会。
様々な大学の研究発表や、先生方によるシンポジウムに参加しました。

R0019727.jpg
↑って、、、これが大学か!壮大な自然と全面ガラス張りの建築物。
R0019746.jpg
↑近くで見るとさらに迫力。窓には雲が反射して映っています。
R0019734.jpg
↑仕切りの少ないオープンな空間。活発な意見が飛び交う環境なんだろうなぁ。
R0019735.jpg
↑午前中の口頭発表。久々に再会したN君の発表もばっちり聞いてきました。

口頭発表は、公立はこだて未来大学の学生を中心に、札幌市立大学、東北工業大学、岩手大学の学生・先生方の研究が発表されました。


■「人から考える」
印象深かったのは公立はこだて未来大の学生らの発表。4,5名が各々の発表をしていたけど、地図を使って目的地を探したり、イベント毎に写真を整理したりという、何かを探すという活動から、新たなインタフェースを提案するという流れは皆共通。

"人のふるまい"として、コーヒーのミルクをかけたり、パスタを食べたりする際の「ついつい回す」という行為を細かく見る視点は「さすが!」という感じでした。日常のふとした時の人の行為を観察し、考え、デザインに展開するというのがやはりこの研究の面白いところです。

ただ、どの発表も"くるくる回す"インタフェースの提案になっていて、聞いている側としては無理矢理繋げている感がどうしても否めませんでした。質疑応答では「別に回さなくてもいいんじゃないかなぁ」といった会場の空気。実は、発表する以前から本人らも自覚していたことだったと聞いたので、ここでの発表の収穫を活かしての、今後の展開を楽しみにしています。陰ながら応援!

ところで、S君に関してはweb上のナビゲーションの大別の話から、提案したいインタフェースを「現在地を示すナビ」ではなく「次を探すナビ」と明確に見せていたのが好印象でした。(というか、単純に分かりやすい発表だったなぁ。)


■ユーザの自発性を高める
当研究室OGのKSMさんから噂を聞いていた、Nさんの「一般の人々のクリエイティビティを活かす参加型デザイン手法の研究」という発表もとても面白かったです。(この題目が分かりやすくてこれまた凄い。)

多くのデザインがユーザの意図をとっていないということを前提に、参加型デザインの手法として、ユーザ自身に道具を与えて提案をさせていこうと研究。ユーザが「こんなのがあったらいいんだよなぁ」と、自ら提案を誘発していくアプローチと、そこに絡んできた「say(過去)- do(今)- make(未来)」の話が新鮮でした。

これは、僕が今研究しているバスプロジェクトにも関与してくると感じます。住民をユーザ、大学をデザイナーとすると、仮に参加型デザインを行なっていると言えても、アウトプットはさておき、ディレクションの部分で、大学の力に偏っているところを感じています。

もっと、住民らが自発的に提案できる環境を築いていかなければ、バスを走らせる活動を持続することは難しいと考えます。当研究室がいつまでも研究対象として、このフィールドに入り込み続けているとも限りませんしね。そういう意味では、先月の住民らによるブレスト活動は面白い試みだったのかも。(この話は本エントリーから脱線しそうなので今回は保留。)


他にも感じたことはいっぱいあったけど、とりあえず箇条書き。
・発表の”題目”は研究内容の方向性を知るために、意外と重要。
・発表の前半に研究目的を明確に示すと、スッと入ってくる。
・研究の幅を広げすぎないこと。フォーカスできなくなる。
・たくさん見つかる=見つからない(情報爆発)
・「情報」を探すから「情報を持つ人」を探すへ。
・活動をする際は組織のあるべき姿を認識し、目的を明確に。

R0019744.jpg
↑さて、お昼時。いろはすは大自然に似合います。笑
R0019753.jpg
↑午後はパネルディスカッションとシンポジウム。
R0019749.jpg
↑東北工大のwebアプリケーションがかなり気にかかりました。

東北工大の発表は、僕が来年度から勤める会社にもこういう話題は繋がってくるし。今から引き出しは増やさないとなぁ。東北工大といえば、シンポジウムにおける両角先生の言葉がインパクトあり。「デザイナーは力不足だ!」と訴え、モノづくりの技術力と、デザインしたものを現実的なビジネスとして表に出していく力の不足さを話していました。

特に後者は、同じくシンポジウムでお話いただいた及川さんの「デザインマネジメントとは、経営目標の実現に向けてデザイン活用機会を設けること。」という言葉にも繋がっていました。段々と「情報デザイン」が対象としている"コミュニケーション"は、ユーザとデザイナーだけでなく、経営者やエンジニアをも巻き込みつつあるようです。(もしくはすでに巻き込んでいるけど重要視され始めている。)

この後の交流パーティーで学生らと話し合った所、結局、「情報デザイン」って言葉がふわふわしているんだよなぁというのが、ほとんどの感想に混じっていた気がします。(汗)ただ一方で、それは良い意味でもあるとも個人的には思います。「情報デザイン」という言葉を旗印に、ユーザ/経営者/エンジニアといった「外(語弊はあるけど)」とのコミュニケーションに目を向けるデザイナーの姿勢。僕はそれ自体が大事なんだと感じます。(あくまでデザイナーとしての技術力を磨きながら。)


他にも感じたことはいっぱいあったけど、とりあえず箇条書き。
・情報デザイナーが情報デザインしてる場合じゃない(次にどうするか)
・ホロニックアイ:一から全、全から一の視点移動
・ノットワーク:部分的共有の結び目をつくる
・「広義のデザインも大事。だけど狭義のデザインも大事。」
・とりあえず体験していく。1つのことに徹底的に。

R0019759.jpg
↑交流パーティーでは久々の再会や、お会いしたかった方に挨拶できました^^
R0019776.jpg
↑帰り際。夕日が完全に反射してます。
R0019777.jpg
↑本当に大自然に恵まれて、、、羨ましいキャンパスだ!
R0019788.jpg
↑この日の夕飯は海鮮。このイカはまだうにょうにょと生きてます。美味しかった!
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
▼ 最新記事
▼ カテゴリー
▼ プロフィール
Author:@fkj_
 
▼ アーカイブ
▼ mixi(福chan)
▼ カウントダウン

無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。