スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「情報デザイン」の定義

09 01, 2009 | Tag,情報デザインフォーラム
R0012995.jpg

先程のエントリーから追伸的に、、、
全体を通して思ったこと。

・経営学
・環境、コミュニケーション
・人間中心設計、イノベーション
・記録、視覚化
・体験、ふるまい

今回はそれぞれの先生方の講演の中で、「情報デザイン」という言葉と共に、様々なキーワードが飛び交っていたなぁという印象がありました。もちろん、それぞれが並列したレベルの意味合いを込めているかというとそうではなく、対照的だったり、包括的だったり。

「情報デザイン」という言葉が生まれて今日まで、曖昧なまま使われており、"ゴムのユーザー"のごとく、使う人によって「情報デザイン」の意味が自由に変形している(良い意味でもあるけど)ように思えます。「情報デザイン」と一言で言っても、人によってその言葉のウェイトが様々な分野・方向に傾いているように感じるわけです。

浅野先生は講演の中で「プロダクトデザイン」や「Webデザイン」、「インタフェースデザイン」といった様々なデザインの基盤となる部分に、「情報デザイン」があるんじゃないかな、と話されていました。しかしまた、吉橋先生の講演を聞くと、「経営学」にすら「情報デザイン」の学びが活かされていくんじゃないかとさえ思えます。

ここで、"情報デザイン"という言葉を自分なりに定義して記そうとは思いませんが、情報デザインを学ぶ人達の中で、段々とその言葉が収縮して定義化されていくのと同時に、その言葉が"ぼかし"をかけたように曖昧に膨張してしまっていることを今回僕は感じました。

「情報デザインの教科書」が出版されるのは収縮の一つの象徴なのかな・・・といっても、言葉ってたぶん収縮と膨張の中で段々と定まってくるんだから、ごく当たり前のことなのかも。
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
▼ 最新記事
▼ カテゴリー
▼ プロフィール
Author:@fkj_
 
▼ アーカイブ
▼ mixi(福chan)
▼ カウントダウン

無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。