スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピアノ

08 18, 2009 | Tag,情報デザイン
ということで、久しぶりの実家の栃木を満喫中。
先程、テレビを見ててちょっと心に残った話があったので書いておこうと思います。

R0011985.jpg

実は88歳の現役最高齢ピアニストの話。実に80年以上になっても、未だにピアノの練習を1日8時間もしているんだそうです。その理由は「弾けば弾くほど楽譜を書いた作曲家の想いや意図が伝わってくるから」なんだそう。

あくまで、楽譜というのは音符等が並んだタダの記号が並んだインタフェースであって、そこから弾き手や聞き手が何かを感じとるわけですよね。ただ、僕は今こうしてブログに書いて分かってるつもりになっているようだけど、何十年とピアノを弾かなきゃ分からないことって絶対にあるよなぁって思います。

以前にも書いたけど、作り手の想いが"伝わった"という感覚は少し違う。磁石のように、こちらが引きつけられて興味を感じるという、"誘発"や"共感"という方が近いのかな。だからこそ、引きつけられて気付けばピアノを毎日8時間弾き続けているわけですし。本来、情報とは"伝達"という単純な一方通行で終わらず、こちらから無意識で反射的なアクションが含まれている気がします。

うーん、うーん、言葉でまとまらない。
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
▼ 最新記事
▼ カテゴリー
▼ プロフィール
Author:@fkj_
 
▼ アーカイブ
▼ mixi(福chan)
▼ カウントダウン

無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。