スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミニバスを走らせる会 vol.13

07 20, 2009 | Tag,コミュニティバス
cbp001.jpg
CBP(コミュニティバスプロジェクト)って何?

毎月恒例、ミニバスを走らせる会が先週行なわれました。

周辺地域の盆踊り大会前の時期であった為、参加された住民は極端に少なかったのですが、重要な集まりでした。今回は、住民団体「ミニバスを走らせる会」を公式な組織として運営していく為の「会則づくり」を行ないました。

CIMG8531.jpg

■会則づくり=地盤づくり
「会則づくり」はミニバスを走らせる会という住民の「有志」による非公式な組織を、来年のバス試験運転に向けて、市役所とバス業者と住民団体が対等に携われるよう、公式な組織へ移行する為の重要な「地盤づくり」であります。

この地盤がしっかりしていなければ、周りから公式な組織として認められることはなく、バス業者から試験用のバスを借りたり、市役所から金銭面の援助を受けたりする機会を失ってしまいます。要は、公式な組織になるということは「信頼」を身に纏うということですね。

前回と同様、1グループ住民6,7名に分かれて仮案の会則資料を元に、ポストイットで意見を出していきました。それこそ、文章の表現や語彙選びに対する小さな意見から、この会則を通して「街を変えるための活動をしたいんだ」という姿勢を文で表現しようという、大枠の意見等、住民らから多く挙がってきました。

CIMG8541.jpg

ところで、大枠の話題に触れた時に新しく参加された方から
「結局、試験運行が黒字なら誰も(市役所もバス業者も)文句は言わないんだ」
という声がありました。

「会則づくり」や、「公式な組織になること」に意味を感じない方の率直な意見だと思うのですが、そもそも試験運行をするために公式な組織になる必然性があります。まずは、参加住民内で「現状」だけではなく、ミニバスを走らせる会の「軌跡」を共通認識することが大事なのだと思いました。


■自分らが意見すること
今回のグループワークを通して、前回のブレインストーミングと同様、参加住民にはミニバスの活動をより身近に・リアルに感じてもらえたと思います。これまでの会では、3人の幹事を始めとする代表者から一方的に話を聞く、受け身の会議が多かったのですが、小規模に意見を吸い上げる機会を持つことで「自分たちの力でミニバスを走らせるんだ」と、自発的な姿勢を促すことができます。
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
▼ 最新記事
▼ カテゴリー
▼ プロフィール
Author:@fkj_
 
▼ アーカイブ
▼ mixi(福chan)
▼ カウントダウン

無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。