スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「骨」展

08 30, 2009 | Tag,情報デザイン
やっとこさ、行ってきました。
当日はギャラリーツアーがあり、展覧会コーディネーターの田中みゆきさんから、展示会の企画意図や作品解説を聞くことも出来ました。

R0012889.jpg
*館内は撮影禁止。

21_21 DESIGN NIGHT >「骨」展
http://www.2121designsight.jp/bones/



■外身ではなく中身のデザイン
今までのいわゆる"デザイン"というのは、外観や見た目といった外ばかりのことを指していて、それは中身をごまかす、隠すような意図だったようにさえ思えます。しかし、見えない部分にあたる、モノの中身を決定づけるプロセスやコンテキストが本来の"デザイン"であり、それがモノの"骨格"となるようです。


■自然物と人工物の対比
展示内容としては「骨」展という名だけあって、前半はダチョウやペンギンといった動物の骨の展示。特にキリンの骨格が描く綺麗な曲線には驚かされました。そして、それと比較するように、自動車やピアノ、イヤホン、からくり人形といった人工物の"骨"となる内部構造の展示。普段は見ることが出来ない骨組みを見ることが出来たわけです。

自然物と人工物の"骨格"の対照が面白いですね。デザインという言葉だけだったら、人がつくるものだけで納まってしまいそうなものですが、アナロジー的というか人工物をも包括する自然物の有り様を見ることで、デザインを考える視野が広がった気がします。


■生き物のような躍動感
ところで、僕が一番感動した展示物は矢を持って弓をひき、的を射た"からくり人形"でした。普段のからくり人形は着物を着ていますが、その中で何十個もの小さな木材が組み合わさって動き、「生きているんじゃないか!?」と思うぐらい、繊細な首や腕の動きをしているんですね。

takramさんが展示していたゴキブリのように動くマシンにも感じましたが、木や鉄の組み合わせだけで、そこに生物が持つ躍動感みたいなものを感じるというのは思っている以上にすごいことですね。これも、"骨格"が成すものなんだと思います。


■デザインは流動的なもの
そして、デザインとは、常に流動的なものであるということを考えさせられました。生物が骨格を変えながら進化してきたのと同じように、人工物においても環境に影響を与えたり、環境から影響を受けることで、その在り方は生物のように変わっていくものなんだと思います。
スポンサーサイト

神奈川新聞

08 26, 2009 | Tag,情報デザイン
当小池研3年生がデザインしたインフォグラフィックスが、
8月25日付の神奈川新聞に掲載されています。

「若者に今回の衆議院選挙において投票行動をすすめる」

というテーマで神奈川新聞社と話し合いながら進めていったものでした。

R0012821.jpg

↓詳細は先生のブログからお願いします。

小池先生のブログ


p.s.
また、浅野先生のブログでも紹介していただきました。
ありがとうございます^^

ダンスイベント告知

08 19, 2009 | Tag,ダンス
来月の頭に、当ダンス部が初主催でダンスイベントを行ないます!

■■■■■■■■
【LAVI主催ダンスイベント】
六本木SOUL SONIC BOOGIE
9月6日[sun]14:00-20:00
■■■■■■■■

R0012324.jpg

「クラブは怖いイメージで苦手です」

って方でも、学生主催で時間帯も昼間なので入りやすいと思います。

興味があればどうぞダンスをご覧に来て下さいね。
(コメントかmixi等で連絡くださればチケット譲ります)

ちなみに、場所は六本木AXISのすぐ近くですよ。笑
AXISを訪れるついでにでもどうぞ^^
六本木SOUL SONIC BOOGIE

ピアノ

08 18, 2009 | Tag,情報デザイン
ということで、久しぶりの実家の栃木を満喫中。
先程、テレビを見ててちょっと心に残った話があったので書いておこうと思います。

R0011985.jpg

実は88歳の現役最高齢ピアニストの話。実に80年以上になっても、未だにピアノの練習を1日8時間もしているんだそうです。その理由は「弾けば弾くほど楽譜を書いた作曲家の想いや意図が伝わってくるから」なんだそう。

あくまで、楽譜というのは音符等が並んだタダの記号が並んだインタフェースであって、そこから弾き手や聞き手が何かを感じとるわけですよね。ただ、僕は今こうしてブログに書いて分かってるつもりになっているようだけど、何十年とピアノを弾かなきゃ分からないことって絶対にあるよなぁって思います。

以前にも書いたけど、作り手の想いが"伝わった"という感覚は少し違う。磁石のように、こちらが引きつけられて興味を感じるという、"誘発"や"共感"という方が近いのかな。だからこそ、引きつけられて気付けばピアノを毎日8時間弾き続けているわけですし。本来、情報とは"伝達"という単純な一方通行で終わらず、こちらから無意識で反射的なアクションが含まれている気がします。

うーん、うーん、言葉でまとまらない。

デジカメを買いました

08 17, 2009 | Tag,プライベート,RICOH,GX100
最近買ったデジカメ、GX100がいい感じです。
あまりに破格のお値段を見つけたので、悩んだ挙げ句に購入しました。

Caplio GX100スペシャルサイト
http://www.ricoh.co.jp/dc/caplio/gx100/special/


面白いことに1:1サイズの写真が撮れるのですが、構図をすごい考えちゃいます。
(といっても自己満レベルなので大したものは撮れないです。x_x)

R00126362.jpg
↑母が焼いた餃子。今晩の焼き上がりは最高でした。

以前から撮影好きでしたが、このカメラで焦点やシャッタースピードを自分で設定するようになってより面白く感じるようになりましたね。きっと欲しいカメラなんてキリがないので、しばらくはこのカメラを満喫します。
▼ 最新記事
▼ カテゴリー
▼ プロフィール
Author:@fkj_
 
▼ アーカイブ
▼ mixi(福chan)
▼ カウントダウン

無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。