スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダンス合宿@長野

08 15, 2009
今週はダンス合宿で長野に行っていました。
震度6の早朝地震で目覚めた朝もありましたが、無事に合宿を終えました。

R0012228.jpg

さすが高原。
昼間でも涼しく、とても踊りやすい環境でした。

肝心の練習環境は壁一面が鏡張りであったり、ミラーボールでクラブ仕様になったりと、ダンサーにとっては至れり尽くせり。朝5時半から夜中24時まで、食事とレクリエーション以外は踊り通していました。毎年恒例の過酷な練習メニューです。笑

ところで、皆で寝泊まりをすると本当にその人の性格が出るよなぁと感じます。というよりも生活感みたいなものが表れますね。そういうのを見て、「この人は実はこんな面もあるんだ」と何度も発見します。

最近、こういう時に僕が心がけているのは

「人を一面で見ない」

ということです。

人は悪いことをしながら良いことをしている
人は良いことをしながら悪いことをしている

この間、僕の好きな作家がPodcastでこのような話をしていました。

「悪いこと」「良いこと」というのは絶対的ではなく、その人を見る視点・考え方次第で180度も見え方が変わってしまうんですね。だからこそ「あの人のココが良い、ココが悪い」っていう際にはその反対をしっかりと見極めたいものです。

もちろん、それは人だけではなく、デザインにおいても同じことが言えると思います。

jncahjsxa

UK B-BOY CHAMPIONSHIPS

08 07, 2009
CIMG8764.jpg
CIMG8779.jpg
CIMG8795.jpg

ブレイクダンスの大会の中でもトップの規模を誇るUKに参戦。といっても関東予選ですが、残念な結果でした。(涙)また、同じ場所でキッズのShowcase行なわれていたのですが、最近のキッズダンサーはすごいです。こういう場でも臆せず堂々と踊り、オーディエンスを魅了していました。

最近のキッズはダンス技術はもちろん優れていますが、それよりも子供ながらに、すでに自立的というか、大人っぽくなってきているなぁと傍にいて感じます。(決して見た目の話じゃなくて)

たぶん、キッズ向けのダンススクールの増加や、今回のようなキッズ向けで、しかも成人のB-BOYも集うクラブイベントの増加・・・こうした環境の変化によって、人間として成長できる環境が整っているのかなぁと思います。

それは同世代の子供達だけでなく、多くの大人と触れ合える場所であり、コミュニケーションできる場です。実際に、今回のイベントではキッズとその保護者、僕ら世代のダンサー等が話し合える場でありました。こうした環境を通して、社会や自分自身を見つめて人間的に成長できるのかなと思うわけです。結果的に「ダンスを踊る」ということは、自分を知り、自信を持ち、魅せるということなのではないでしょうか。

ところで、「クラブは危険がいっぱいで子供には危ない」という一般的な意見があるのも事実ですが、リスク0で人は成長しないと思います。ある意味、自己責任みたいな。

昨日、塾講師アルバイトの関係で読んでいた教育本に、

"プールに子供を放り込み、無理矢理水に慣れてもらう"

という教育機関の話が書いてありました。「危ないじゃん!」という意見もあると思いますが、少なくとも体感的な自己学習の機会は子供を大きく成長させるという話です。当然、この話は子供に限らず、僕自身にも誰にも言える話です。時にはリスクがあれど、体験と内省を繰り返すことは効果的な学習になるようです。


最近日記のネタを溜めすぎなので、、、
小さく更新していきたいと思います。

野菜をいただきました。

08 05, 2009 | Tag,グルメ
CIMG8711.jpg

山梨の友人に野菜をいただきました。
とうもろこし、じゃがいも、トマト、きゅうり、実家で採れたてだそうです。

ごちそうさま^^

パナソニックセンター@田町

08 04, 2009 | Tag,情報デザイン
小池研OBのお誘いで、田町にあるパナソニックセンターを見学に行きました。

ReSuPia(リスーピア)
http://risupia.panasonic.co.jp/risupia/index.html


特に長居したのは、RiSuPiaという体験型ミュージアム。身近なくらしの中にある理数の原理・法則を楽しみながら学びましょう、という空間です。(詳しくは上記の公式サイトURLをご参照ください)

CIMG8835.jpg
(ミュージアム内は撮影禁止)

3Fのディスカバリーフロアにはインタラクティブなコンテンツが沢山あり、光の屈折/3原色、波の進み、熱の伝わり方、磁石、数といった様々な原理・法則を、体を動かしながら学ぶことが出来ます。

例えば、体重移動で上昇する水蒸気を操り、雨の降る原理を知る「ウォーターフライト」というコンテンツがありました。両手を広げて体重を左右に移動させる子供の仕草が面白かったです。

他にも、エアホッケーのような"円盤"の代わりに向かってくる"数字"の中で、素数以外の数だけ打ち返すという「素数ホッケー」というゲームがありましたが、これがなかなか難しかったです。93、516、957のような数を素数か否かと判断してすぐ打ち返す・・・塾で数学講師アルバイトやってるけどダメダメでした。笑

会場出入り口の掲示板にあったアンケート板には、「夏休みの自由研究のネタが見つかった」という感想がたくさん書いてありました。確かに、こういう所に訪れたら、自由研究も楽しい方向に広がりそうです。

そういえば、うちの塾生徒の中に「残像効果」の研究と称し、パラパラ漫画を書いてる子がいます。近所の川の生態系やアサガオの観察といった形式張った"研究"も良い経験になると思いますが、もっと自発的で楽しい研究やってもいいんですよね。

さて、僕は夏休みに何を研究しようかな。笑
▼ 最新記事
▼ カテゴリー
▼ プロフィール
Author:@fkj_
 
▼ アーカイブ
▼ mixi(福chan)
▼ カウントダウン

無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。