スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミニバス懇親会1

12 04, 2009
cbp001.jpg
>>コミュニティバスプロジェクトって何?

先日は夕方はミニバス懇親会と称し、住民団体「ミニバスを走らせる会」と行政である「多摩市役所」、そして「バス業者」が集まり、会合を開きました。具体的にバスを走らせていく上で三者が公式な会として集まるのは初めて。素直に住民側の本音と、バス業者側の本音を述べていたのが印象的でした。

■住民主導であることが頼みの綱
主には来年からの試験運行について、バスルート/時刻表/ICカード等のサービス、この3点の話。住民側の意見を報告した後、バス業者の現実味を帯びた返信。バス業者としては不安を持ちつつも、地域を良く知る住民らが主導で動いていることに暗黙値ながらも期待をしていて、前向きな対応をしてくれていたと思います。

■住民主導を活かした仕組みを確立すること
今後の課題は、住民が主導で動いていることを活かして「バスに乗ろうよ」と、自治体を通して住民同士で声かけしたり、バスの車内車外で運賃以外の収入をつくったり、これらをちゃんと機能させる仕組みを「ミニバスを走らせる会」内と地域住民等との間で確立していくことですね。

R0022568.jpg
↑多摩センター駅のイルミネーションがかなり力入れていました!青いトンネル!
R0022590.jpg
↑かえで館前のかえでの紅葉と明るい月のコラボレーションが綺麗。(写真ボケてるけど)
スポンサーサイト

ミニバスを走らせる会 Web公開

12 02, 2009
cbp001.jpg
>>コミュニティバスプロジェクトって何?

小池先生のブログが更新されたのでトラックバック。

小池研ブログ>多摩市愛宕地区ミニバスを走らせる会Web公開
http://koike-infodesign-lab.cocolog-nifty.com/blog/2009/12/web-0499.html


web.jpg

ミニバスを走らせる会
http://atagobus.jimdo.com/


このwebはあくまで、愛宕コミュニティ内の情報共有ではなく、外部への情報公開、強いてはパイプづくりを目的としています。同じように地域にバスを走らせようとしている団体や、コミュニティバスに興味を持つ研究者や行政の方々。そういった外の地域に情報を可視化し、ネットワークをつくるキッカケにもなりえます。

また、こういうツールがあることでミニバスを走らせる会を1つの組織として確立していくことができます。これは、キャラクター制作も同義かなと。後々はミニバスを走らせる会の人にブログやらを書いてもらう予定です。(案外、乗り気だったりもする)


p.s.
改めてザーッとサイトを見回していると、バスの画像が全然載っていないのだがどうなんだろう。他にも言いたいことはあるけど、結局のところ、アウトプットの雑さはうちの研究室の弱みな気がする。小池研として、あるいは環境情報学部として"広く浅く"というスタンスは否めないけど、それをイイワケにはしたくないと思う。

何かアドバイス等があればお願いします。

ミニバスを走らせる会 vol.17

11 30, 2009
cbp001.jpg
>>コミュニティバスプロジェクトって何?

ということで先日は、17回目の評議員会。
今回は評議員らで2月公聴会の企画ブレインストーミングを行いました。
(公聴会:ミニバスの活動を住民に広く伝える場。)

R0022511.jpg
↑かえでの紅葉が凄い綺麗でした。

■大学側から誘発した環境とツール
そもそも、最初の住民ブレストは今年6月に幹事さんの案で行われました。これは大学からの提案ではなく。関わっている小池研究室でこういう手法を使っているというのをキッカケに幹事の方が自らインターネットで調べて、「実際にミニバスを走らせる会でやってみたら面白いかもなぁ。」というのが始まりでした。

そこで、模造紙やポストイットの使い方やルール、そして、ファシリテータ等のあくまで補足的な部分を研究室にお願いしたい、ということでした。このブレストは、情報デザインに携わる研究室との関係があってこそ実践できたものだと考えられます。


■一方向から双方向の場へ
去年の公聴会では、会の幹事役3人が主に企画を決めていて、活動報告を主にした一方向的なイベントだったという印象がありました。それが悪いという訳ではなく、当時はバスの活動の軌跡を知ってもらうことが1つの大きな目的だったからというのもあっただろうけど。

今年は、地域住民らから意見を引き出しながら、実際にバスに乗ってもらうためのトリガーとして公聴会を行おうとしています。そして、そのようなイベント案を、幹事だけでなく多くの評議員らから引き出す。つまり、公聴会当日における"会と地域"、企画段階における"幹事と評議員"。この2つの意味で双方向な環境が見えてきています。


■情報共有から創造へ
たった今、一方向から双方向と言いましたが。少し視点を変えれば、幹事らが喋って少しの質疑応答の時間で終わっていた"情報共有"を主としていた評議員会が、段々と評議員を立てた"創造的"な場に変化したと見ることも出来ます。

ブレストが始まったばかりの時間は発言も少なかったですが、途中から吹っ切れたように、雑談混じりで色んなアイデアを評議員らが出していました。地域に関する雑談混じりのこの雰囲気が大事そうです。「そんなのアリ?」というアイデアもありましたが、その中で現実味を帯びた企画を見いだすことが出来る。


■創造のプロセスを皆で行うことが大事
といっても、そのアイデアの良し悪しはさておき、会全体で話し合うというこの環境そのものが会の組織の確立及び自立に繋がっていくと思います。住民組織、行政、バス業者の三者恊働を確立していくために、住民組織として自らを自立させていく。そのためにも会則といった外枠だけでなく、評議員らの結束、広く言えば"住民力"といった中身が問われてきます。(市役所のHさんも言ってたけど)

R0022369.jpg
R0022521.jpg
かえで綺麗だった!綺麗に葉先が3つに分かれてます。

秋も終わって、もう師走かー。

ミニバスを走らせる会 vol.16

10 24, 2009 | Tag,情報デザイン,コミュニティバス
cbp001.jpg
>>コミュニティバスプロジェクトって何?

今日は色々と面白かったー。今回は、

【1】かえで館祭りのリフレクション
【2】多摩市の予算状況とバス業者との交渉状況
【3】2月の公聴会を軸に今後の会の活動

の3点が主な題目。

まず、【1】に関してはアンケート(ティッシュと引き換えに行なった。)の集計によると、なんと83%の回答者がバスを利用したいという結果に。現実的にはガクンと落ちると思われますが、結果的にこのパーセンテージが出たのは大きいと思います。少なくとも、それだけの関心を多くの地域住民の方々が持っているようです。

また、特に【2】の話で進展があったのが大きかったです。いよいよ、運賃やICカード、シルバーパスといった項目を含めて、来年度からの試験運行に関わるバス業者が、定ってきました。あとは市予算がどうなってくるのか。市長選等の諸事情が重なり、なかなか安心はできません。その他、予算に関することは今回も不満として多くの声が挙がっていました。

そして【3】の公聴会に向けて。去年と同じレベルではなく、次のステップに進んでいることを示さなければなりません。そのためのアイデアは大学側ではなく、会の中の住民らで出し合っていくのが今年の1つの大きな課題となるところ。

「住民との温度差が目立つ」と皆が口を揃えて意見するほどに、会に所属する住民のモチベーションは現在高まっているように思えます。最後の質疑応答の中では積極的に意見が出てきたのが印象的でした。

次回の会は、住民が主体となって公聴会の企画についてブレストを行なって行く予定。

R0021226.jpg
↑会の後に3年と一緒にバスルートを歩きました。
R0021260.jpg
↑ご覧の通り、住宅が丘の上にあったりと、土地の高低差が目立ちます。
R0021275.jpg
↑まるで迷路のような立体交差の道路。
R0021287.jpg
↑階段の下が果てしなく遠い。何段だったんだろう・・・
R0021284.jpg
↑住宅地の道路沿いにミカンが咲いているのを発見。季節を感じます(= ̄ω ̄)

多摩市ミニバスのカラーリング

10 18, 2009 | Tag,コミュニティバス
先日のエントリーでも報告しましたが、改めて。

東京都多摩市の多摩市役所が運営する新規車両バスのカラーリングデザインの委託を受け、小池研3年生を中心に作業してきました。数ある提案の中から多摩市の"市の花"である山桜のコンセプトに絞っていき、住民/バス会社/ミニバス検討委員会/ラッピング施行会社といったコミュニティとの関わり合いの中で、ミニバスが形成されてきたわけです。

「モノができたからこれで終わり」「乗客が増えればそれでいい」というわけではなくて、今後ミニバス自体を見かけた地域の方々や、ミニバスに関わった方々の関心をキッカケにして、バスを通じてのコミュニティ形成、強いては地域の活性化に繋がればと思います。

R0020346.jpg
↑実際のラッピング作業も施行会社の方と一緒に行ないました。
R0020354.jpg
↑事前に作成した図面に合わせて丁寧にシールを置いていきます。
R0020356.jpg
↑一通りできあがり。
R0020467.jpg
↑貼付けの作業では業者さんの技術が光りました。
R0020589.jpg
R0020573.jpg
↑どうやら僕は雨男らしいです。笑

3年生はお疲れ様でした!

詳細は小池先生のblogより。

小池先生のblog>多摩市ミニバスのカラーリングをデザイン
http://koike-infodesign-lab.cocolog-nifty.com/blog/2009/10/post-c9c3.html

▼ 最新記事
▼ カテゴリー
▼ プロフィール
Author:@fkj_
 
▼ アーカイブ
▼ mixi(福chan)
▼ カウントダウン

無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。