スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミニバスを走らせる会 vol.16

10 24, 2009 | Tag,情報デザイン,コミュニティバス
cbp001.jpg
>>コミュニティバスプロジェクトって何?

今日は色々と面白かったー。今回は、

【1】かえで館祭りのリフレクション
【2】多摩市の予算状況とバス業者との交渉状況
【3】2月の公聴会を軸に今後の会の活動

の3点が主な題目。

まず、【1】に関してはアンケート(ティッシュと引き換えに行なった。)の集計によると、なんと83%の回答者がバスを利用したいという結果に。現実的にはガクンと落ちると思われますが、結果的にこのパーセンテージが出たのは大きいと思います。少なくとも、それだけの関心を多くの地域住民の方々が持っているようです。

また、特に【2】の話で進展があったのが大きかったです。いよいよ、運賃やICカード、シルバーパスといった項目を含めて、来年度からの試験運行に関わるバス業者が、定ってきました。あとは市予算がどうなってくるのか。市長選等の諸事情が重なり、なかなか安心はできません。その他、予算に関することは今回も不満として多くの声が挙がっていました。

そして【3】の公聴会に向けて。去年と同じレベルではなく、次のステップに進んでいることを示さなければなりません。そのためのアイデアは大学側ではなく、会の中の住民らで出し合っていくのが今年の1つの大きな課題となるところ。

「住民との温度差が目立つ」と皆が口を揃えて意見するほどに、会に所属する住民のモチベーションは現在高まっているように思えます。最後の質疑応答の中では積極的に意見が出てきたのが印象的でした。

次回の会は、住民が主体となって公聴会の企画についてブレストを行なって行く予定。

R0021226.jpg
↑会の後に3年と一緒にバスルートを歩きました。
R0021260.jpg
↑ご覧の通り、住宅が丘の上にあったりと、土地の高低差が目立ちます。
R0021275.jpg
↑まるで迷路のような立体交差の道路。
R0021287.jpg
↑階段の下が果てしなく遠い。何段だったんだろう・・・
R0021284.jpg
↑住宅地の道路沿いにミカンが咲いているのを発見。季節を感じます(= ̄ω ̄)
スポンサーサイト

twitter始めました

10 17, 2009 | Tag,情報デザイン
このBlogを直接開いている人の中には気付いた方も多いでしょうが、最近「twitter」というものを初めてみました。ってか、今更(?)ですよね。笑

140文字の制限があったり、返信数が書かれていなかったり、足跡がなかったりするので、気軽に書きやすいというのが率直な感想。しかし、実際のところtwitterの楽しみ方がよくわからない・・・。ただ呟けばいいんだろうけど。ご利用中の方は面白い使い方を教えて頂けると幸いです(m_ _)m

名称未設定 1
↑このブログの右側にあるこのボタンから移動できます。(フォローご自由に。笑)


p.s.
来年からweb系(主にグループウェア)の会社に入社するというのもあって、最近はSNSとかwikiとか色々いじり倒しています。SNSといえばmixiだろって思ってたけど、今は水面下で動いてるものも結構あるようで面白いですね。特に、wikiは使い方次第で便利なツールになりそう・・・。実際にちょっとしたコミュニティで色々と実験的に利用中。

富士フイルム先進研究所へ行ってきた

10 15, 2009 | Tag,情報デザイン
先日は「富士フィルム先進研究所」の見学に行ってきました。当研究室だけでなく専修と多摩美の学生も参加。横浜や函館のワークショップ以来の学生もいたりして、少しずつコミュニティが広がっているのを感じます。

R0021012.jpg
(施設内は撮影禁止)

富士フイルムの概要を説明して頂いてから、所内見学は他大学とごちゃ混ぜで3グループに分かれて行ないました。グループ分けにIDEOのカードを使ったのが面白かった。記念に欲しかったなぁ。笑


■知識を融合し、新しいものを創る環境
所内を一通り歩いて感じたのは、異分野(ナノテクノロジー、有機化学、医療薬品等)との壁を取り払った開放的な空間や、ホワイトボードといった情報の可視化を仕向けるツール、椅子や壁に掛けられた写真といった細部までのこだわり・・・それら全てが知識を共有して新たな価値の創造を促す環境づくりに繋がっているということ。何が凄いって、これだけ大きな施設が1つのコンセプトの下で、ちゃんと形になって動いているってことですけどね。


■ピュアな形をつくる
見学後には同社デザインセンターの小島さんから、研究者に向けたワークショップ等の取り組みを聞かせて頂きました。情報デザインの力を持つ人を育てることで、知識の共有、更にはイノベーションを起こしていくことができます。

知識の共有をするためには、異分野の研究者との共通言語のようなものが必要です。その共通言語となるのが「万有引力とはリンゴが地面に落ちること」というように、一般の人にも分かりやすく伝わる本質的な表現に変えること、更には実際に見たり触れたりできる形としてアート化(可視化)することなんですね。

話の中で、小島さんが"本質的"という言葉を"ピュア"という言葉に置き換えていたのが印象に残りました。専門用語を分かりやすくする姿勢がこの言葉には見受けられます。ピュアな形を見せることで「あー、こういう仕組みなのか」と明確に見せ、「こんなことにも応用できるかも!」と異分野への応用を見つけることができます。例えが雑かもしれませんが、「ダイソンの掃除機の風を取り込む仕組みを扇風機に用いる」とか。
最近、実際に販売して話題になっています。


■共通言語を用いて何を目的とするのか
ところで、分かりやすいアート化を目指すのに超した事はないでしょうが、これはあくまで共通言語であって、言語をつくることが最終目的ではありません。分かりやすさには基準がないからキリがありませんしね。この共通言語を通して、知識の共有とそこからのイノベーションへのヒントを見つけていく。そういった先の目的を忘れてはいけないなぁ、と感じました。確かに分かりやすくする翻訳する作業って面白いんですけどね。


――――――――

小島さん、先進研究所の皆さん、本当に貴重な経験ありがとうございました。
また、専修大学と多摩美術大学の学生・先生方やkid研OBの先輩にもお世話になりました。
また合同で行なう何かの機会があればと思います^^

p.s.
帰りに、後輩らと一緒に映画「カイジ」を観るために海老名へ。
キャスティングは良いけど、原作とのストーリーの違いに着いていけなかった。笑
R0021023.jpg

駅の改札と心理

10 08, 2009 | Tag,情報デザイン
1bbc36f7.jpg
半分、冗談まじりのエントリー。

駅の改札扉って常に開いてる状態ですよね?

そして言うまでもなく、駅の改札は券を入れたりカードをタッチしたりすれば、問題なくそのまま通ることができます。しかし、"乗り越し"してしまったりカードに充分なお金が入っていなければ、常に開放的だったその扉は閉じてしまうのです。

「これって、失礼じゃね?」

と、誰かさんが文句を言ってました。扉は常に閉じているもので、大丈夫であれば開き、ダメであれば開かない。本来そういうものじゃないのか?というのです。

「開いていた(大丈夫というサイン)のに、閉じるとは何事か!」と。

今の改札扉の設計は、ISO 9241-11が定義するユーザビリティにおいて、「有効性」や「効率さ」の度合いは優れているかもしれませんが、「満足度」という点ではまだ不足している部分があるのかもしれません。

・有効さ (Effectiveness): ユーザが指定された目標を達成する上での正確さ、完全性。
・効率 (Efficiency): ユーザが目標を達成する際に、正確さと完全性に費やした資源。
・満足度 (Satisfaction): 製品を使用する際の、不快感のなさ、および肯定的な態度。


さて、明日はいよいよ台風が上陸。
学校もアルバイトも通常通りあるのだろうか。
皆さん気をつけましょう。

「考えるデザイン」展

10 06, 2009 | Tag,情報デザイン
中島祥文さんの「考えるデザイン」展を訪れました。

多摩美術大学美術館 >「考えるデザイン」展
http://www.tamabi.ac.jp/MUSEUM/exhibition/default.htm


多摩美術大学美術館は、いつもフィールドワークで利用する京王多摩センター駅からすぐ。今後もチェックして研究室の活動帰りに習慣的に寄れる場所にしたいな。

R0020287.jpg

後輩らと共に訪れたのですが、中島さんご本人が会場にいらっしゃって、1つ1つの展示物を丁寧に紹介して頂きました。本当に貴重な経験だったと思います。

・ウールカーペット(新聞広告)
・ウールマーク(新聞広告)
・JR東日本VIEWカード(ロゴタイプ、書体デザイン)
・J.Pゴルチェ(ポスター)
・コムサ デ モード(ポスター)
・AIR DO(機体デザイン)
・AGF MAXIM(TVCF)

■根底にあるのは個人的な体験
特に興味を持ったのはウールカーペットのお話。"ウールってこんな機能があるんだ"という中島さん本人の発見や驚きを、素朴に訴えたり、社会への訴えに拡がったり。"ウール"の広告といえども、"ウール"以上のことを提案しているというのがヒシヒシと伝わってきます。他にも、コムサであれば"ファッション"という枠から"家族"という枠に意味を拡げることも同義なのかな。

■コンセプトは細部に宿る
個人的な体験を根底に、中島さんのこだわりは写真構成や文字間といった細部から感じる事ができます。ただ一方で、ポスターの写真撮影の際に、立っている椅子をその場で倒すことにしたりとか、AIR DOの基調色を顧客の後の一言で意味合いを定めたりとか、テディベアをキャラクターとしてピョーンと持ってくるとか、程々の緩さみたいなものが圧巻でした。


ユーザや顧客というのも大切だと思いますが、その時の自分の生活や周りの社会背景から、自分が考えている事を大事にして、こだわりを持って練り上げていくことが個性的で魅力的なアウトプットに繋がるようです。
▼ 最新記事
▼ カテゴリー
▼ プロフィール
Author:@fkj_
 
▼ アーカイブ
▼ mixi(福chan)
▼ カウントダウン

無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。